車のトラブル

JAFって何?JAFって入ったほうがいいの?任意保険とは違う?どんなメリットがあるの?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
JAFのメリット・デメリットのまとめ

・保険でカバーできないロードサービスも提供
・基本的な車のトラブルを助けてくれる
・デメリットは年会費(年間4,000円)ぐらい

こんにちは!外車大好きなロメ夫です。

あなたも車に乗っていて、バッテリーが上がっちゃった!走行中にパンクしちゃった!などのトラブルに遭ったことありませんか?

また、まだこれから車を購入しよう。さらに輸入車を購入しよう。と思っているなら、出先で故障とかしないかな?と思っているかもしれません。

そんな時によく「JAF」という言葉を耳にしませんか?

今回はそんなロードサービスの代名詞、JAFについてお話していきたいと思います。

メリットやデメリット。また私自身がどんな時に利用したか。利用した感想はどうだったか?などを詳しくお話していきますね。

JAFって何?どんなサービスなの?

まずはJAFとは何なのか?お話します。知っている人はおさらいとして見てください。

JAFは一般社団法人 日本自動車連盟(JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION)の頭文字をとった略称です。設立の経緯としては以下のようです。

1963年に、訪日外国人ドライバーの増加やモータリゼーションの発展にともない顕在化しつつあった、さまざまな課題を解決するために、海外の自動車クラブ等を参考にして、自動車業界の総意により設立されました。 引用元https://jaf.or.jp/about-us/president-message

という事で、車の発展と共に起こる問題を解決するための組織です。

会員数は2,000万人越え(個人法人含む。2022年)とそりゃどこかしらで聞いたことあるよね。というレベルです。

飲食店や漫画喫茶などを利用したときに割引なども受けられるのでそちらで目にしたことがある方もいるかもしれませんね。

基本的に私たちがJAFを利用するシーンとしては、JAFのロードサービスが挙げられます。よくあるものを列挙すると

  • バッテリー上がり
  • パンク
  • キー閉じ込み
  • 燃料切れ
  • 故障の際のけん引
  • 落輪
  • 雪道でのスタック
  • 異音や異臭

このようなものがあります。長く車に乗っている方なら一度はどれかしら経験したことがあるのではないでしょうか?

こんな「困った!」という状況の時に助けてくれるのがJAFです。しかも何がすごいって年会費4,000円で会員になっていればこれらのサービスの大半が無料で受けることが出来るんです。

非会員の場合おおよそどれも10,000円~なので2~3年に一回でも利用することがあればお得になってしまうという価格設定です。

他にもJAFは安全運転講習会や動画でのコンテンツ。クイズなどの交通安全に関わること。

様々なお店での割引などの特典(優待施設は全国約47,000カ所)

このようなことを行っています。

実際に私がJAFを利用したシーン

かくいう私もJAFには多大にお世話になっています。

実際に私や家族が乗っていた(乗っている)車のうち半数以上が一度はお世話になっています。

実際に遭った事例をいくつかお話しますね。

ハマーH2 バッテリー上がり

ある日、ハマーH2で出かけようとした際、昨晩まで元気に動いていたH2のエンジンがかからなくなっていました。

力なく回るセルモーターでしたが、すぐにJAFを呼び応急的にバッテリーを充電してもらいました。

これは無料で助かったー!と思いながらもその後の費用に震えていました。

余談ですが、JAFは車両重量3,000kg以下(最大積載量2,000kg以下)の自動車しか全てのロードサービスを提供していません。(3,000kgを超える場合は「燃料切れ」「キーの閉じこみ」のみ対応。)

JAFの方が来たときに

「すみませんが3トン超えていませんかね…?」と言われましたが、そこは大丈夫。

ハマーH2は2,903kgなのでセーフでした。(つまりほとんど全ての車種が大丈夫ってことですね)

アルファロメオ ミト エンジントラブル

これは現在の愛車であるMITOで一般道を走行していた時の事。

なんかアクセル踏んでもスピードが上がらないなぁ。と思っていた次の瞬間

ピーっと警告音が鳴り、全ての警告ランプが一斉に点灯。。

アクセルペダルを踏んでもスピードが出なくなりすぐに路肩に停車。

その後安全を確認して故障車のけん引をお願いし無事に自動車屋さんへ。

今は元気に走っています。

次は、トラブルは輸入車ばかりではないという事で国産車を。

マツダ プレマシーの一般道でのパンク

これは、日常点検をした後に、タイヤが減っているなぁと思いタイヤ屋さんにタイヤを注文した時の事。

入荷までに数日かかるという事で、普通に通勤や移動に使っていました。

数日後、タイヤ入荷の連絡を受けてタイヤ交換のためにタイヤ屋さんに向かっていた道中。

突如「パンッ!!!」と大きな音がしたので驚いて減速、路肩に停車しました。

何事かと思いながら車から降りると、白煙を上げるタイヤが…そう。パンクというかバーストしてしまったのです。

あと数キロ問題なく走っていれば新しいタイヤと交換できたのですが、まぁそういうものですよね。。

この時はJAFを呼び、スペアタイヤと交換してもらい無事に新しいタイヤへと交換できました。

こんな感じで一部ですがJAFにお世話になった例を挙げてみました。

結構振り返ってみてもいろんなことがあるものです。これJAFに入っていなかったら…と思うとお財布が心配になってしまいますね。

任意保険に入っていればJAFは必要ない?

引用 JAFHP

車を持っている人なら、大体の方が任意保険に入っていると思います。

任意保険にはロードサービスが付帯していることも多くあります。

ですので、JAFは加入しなくても大丈夫。と考える方もいるかもしれません。

結論から言うと、あなたの状況次第で必要か不必要か変わるということになります。

まずは保険会社のロードサービスとJAFの違いを見てみましょう。

保険は「車」にかけるもの。JAFは「人」にかかるもの。

一つめはこれです。つまり自動車保険は私なら私の所有する「アルファロメオ ミト」にかかっているので、ミトが不具合を起こしたときにしか使えません。

しかしJAFは「私」が対象なので、私がレンタカーに乗っているときでも、友人の車に乗っているときでも、はたまたバイクに乗っているときでも使うことが出来ます。

つまり、レンタカーに乗る機会がある人、バイクも乗る機会がある人、友人知人の車に乗る機械が多い人などはJAFを検討する価値はあると思います。

JAFのロードサービスは利用回数制限無し!

自動車保険のロードサービスは会社ごとに異なりますが、基本的に年間利用回数に制限があります。

しかし、JAFは一部有料作業を除き何回利用しても原則無料です。

ここを見に来てくださる方は輸入車好きが多いと思いますので、この利用回数制限がないのは安心感高いですね。年数が経っている輸入車に乗っている場合などは特に安心できます。

昔ほど輸入車も壊れませんが、安心できるってのは大事なことです。

雪道、泥道、砂地もOK さらに自然災害時も。

自動車保険では雪道とか砂地でのスタックなど特殊な環境はカバーされないこともあるんです。

また大雨や台風で水没してしまった場合などの自然災害時もカバーされないこともあります。

でもJAFならこれらにも対応してくれます。なので雪国の方やアウトドア、レジャーで山や雪山、地方に遊びに行く機会がある方は入っていた方が安心ですね。

さらに特定の自動車保険ではJAFにも入っているとサービスがプラスされたりもします。

多彩な会員特典があり、意外と近くの店でも使える。

JAFの会員になっていると、会員証を見せると割引などの恩恵が受けられる施設が全国に約47,000ヶ所ほどあります。

居酒屋やカラオケ、ボウリング、遊園地、レンタカー・・・などジャンルも豊富なのですがいろいろ使って割引を受けているうちに4,000円の年会費より私はお得になっています。

こんな人にJAFはおすすめ

自動車保険に入っていても、JAFは人にかかる。という特性があるので、レンタカーを利用する人、バイクに乗る人、友人知人の車に乗る人などは検討する価値があると思います。

また、雪道などの特殊な環境で自動車保険のロードサービスでは非対応の場面でもJAFは対応してくれることから、雪山やアウトドアなどのレジャーを楽しむ方にもおすすめできます。

さらに年間何回利用しても利用回数による追加費用はかからないので、もしもの時の安心が必要な方にもおすすめです。

唯一の弱点である年会費も、あなたが利用する施設でJAF会員特典での割引をしてくれるお店が多ければ、意外と年間4,000円分くらい割引された金額でペイできたりします。

JAFに入ってなくて数万円損をするくらいなら、月になおせば約330円分の投資は安いと思います。

あなたも是非検討してください。